HOME > 寝具でアトピー対策

寝具でアトピー対策


快適な眠りを脅かすダニの実態

ダニは高温多湿を好み、家中に生息しています。屋内で生息するダニは100種類以上にのぼりますが、その中でも特にチリダニと呼ばれるダニが多く、全体の80%以上を占めています。
また、数は少ないですがツメダニ、イエダニといった種類は人間に噛み付き、実際に害を及ぼすダニなので注意が必要です。

屋内で最もダニが多く存在するのが寝具です。
睡眠時に落ちるフケやアカ、皮脂などがダニにとっての栄養素となります。
また、人は一晩にコップ一杯分もの汗をかくといわれていますが、汗による湿気もダニの住みやすい環境を作っています。
寝具の中でも特にダニが多いのは敷きふとんの内部。
汗による水分が蒸発しにくく、高温多湿の環境になりやすいのです。
ふとん内部のダニを効果的に退治するには、「ふとんの丸洗い」が最適です。


寝室環境改善テクニック

  • Point.1
    朝起きたら、まずは寝室の窓を開け、空気を入れ替えましょう。15分の換気でも、風を通すことでふとんの湿気を取る効果があります。
  • Point.2
    定期的な天日干しや、掃除機がけはもちろん必要です。でも、それだけではダニの退治には不十分です。
  • Point.3
    ダニ退治に最も効果的なのは「ふとんの丸洗い」です。洗濯機で洗える寝具を選べば、家庭での洗濯も簡単。季節が変わるタイミングで、年2回ほど丸洗いをすれば、ダニは確実に減少します。

寝室などでは

リビングやトイレに比べて、寝室の掃除はおろそかになりがちです。
しかし、一日の3分の1にあたる時間を過ごすばしょなのですから、しっかりと掃除する習慣をつけることが大切です。
寝室に物を置きすぎていませんか?
掃除やふとんのメンテナンスをしやすくするには、寝具の周りに空間を確保することが大切です。


寝具にまつわる女性のホンネ

まくらの不満点
TOP5

  • へたりやすい
  • かさ高が低すぎる
  • 弾力がない
  • かさ高が高すぎる
  • 洗濯機で丸洗いできない

掛けふとんの不満点
TOP5

  • 暖かくない
  • 洗濯機で丸洗いできない
  • 重い
  • へたりやすい
  • 防ダニ・防カビ効果がない

敷きふとんの不満点
TOP5

  • 弾力がない
  • へたりやすい
  • 洗濯機で丸洗いできない
  • 重い
  • 暖かくない / 硬い

結果、「洗濯機で丸洗いできない」ことが
主要寝具の不満点の上位にランクイン

毎日使う寝具の中で、中心になるのは枕、掛けふとん、敷きふとんの3つです。
それぞれに共通の不満点を調査したところ「へたりやすい」とともにTOP5にランクインしたのが「洗濯機で丸洗いできない」ことでした。
汗や湿気、ソレに伴う匂いなどは、やはり気になるようですね。
「洗って清潔に保ちたい!」という女性のホンネが結果に現れています。


清潔で快適な眠りへの解答

私たちの健康な生活を助ける「質の高い眠り」。そして、そのような眠りを得るためには清潔な睡眠環境や寝具が欠かせません。
インビスタ社の「ダクロン綿」は、繊維の1本1本に特殊コーティングが施され、洗濯しても繊維が片寄りにくいという特徴があります。
また、洗濯後の乾燥が早いことと、復元性が高いことも特徴で、天日干しで乾燥させた後は、やわらかな感触が戻ります。
このような最先端の繊維技術により、ご家庭で簡単に洗える寝具が実現しました。
「ダクロン」ブランドシリーズには、ダクロンフレッシュ、ダクロンサポート、ダクロンナチュラルフィール、ダクロンファイバーフィルなど、
4つのブランドがあります。
最新素材の「ダクロンフレッシュ」シリーズは従来よりも親水性に富み、素早く水に沈むため、洗濯のしやすさが大きく向上。
より手軽にふとんの丸洗いができるようになりました。
「ダクロンナチュラルフィール」は、羽毛ふとんと同じような構造をもっており、側生地に囲まれた空間の中で極細のつぶ綿が自在に動くため、快適なフィット感と心地良い肌ざわりが得られます。


このページのトップへ